女の人生は、結婚・離婚・仕事で決まる!女性が幸せに生きていくためのサイト

おんなの結婚・離婚・仕事site




養育費

なぜ養育費を決めずに離婚するのか?シングルマザーが経済的に苦しくなる理由

更新日:

親権約50%の女性が離婚が養育費の取り決めをしないまま離婚しています。

養育費は「子供の権利」なのですが、相手とこれ以上関わりたくないという女性の心の問題もあるようです。

今回は女性がなぜ養育費を決めずに離婚するのか?をデータをもとに紹介します。

50%が養育費の取り決めをせず離婚

厚生労働省の平成28年度全国母子世帯等調査結果報告のデータからです。

シングルマザーの場合、半数以上である50%が養育費の取り決めをせずに離婚していることが分かります。

調停離婚や審判離婚など裁判所を通して離婚する場合は、約80%が養育費を決めています。

裁判所を通じてする離婚ですから、離婚条件を決めて離婚するのは当然の結果とも言えます。

一般的な当人同士の話し合いによる「協議離婚」では取り決めをせずに離婚する女性が約60%と多くなっています。

離婚後のシングルマザーは、経済的にもしんどくなる確率が高いことは当人も十分わかっているはずです。

それでも、なぜ養育費の取り決めをしないまま離婚してしまうのでしょうか?

相手ともう関わりたくない!女心がトップ理由に

厚生労働省の平成28年度全国母子世帯等調査結果報告のデータからです。

養育費を決めずに離婚した理由は、下記のとおりです。

1位は「相手と関わりたくない」という女性の精神的な理由がきますが、2位と3位には「相手(父親)に支払う能力がない」「相手に支払う意志がない」と父親自身の問題が多くなります。

養育費を決めていない理由 割合
相手に支払う能力がない 20.8%
相手に支払う意志がない 17.8%
相手と関わりたくない 31.4%
交渉がわずらわしい 5.4%
交渉がまとまらなかった 5.4%
相手からの身体的精神的暴力を受けたため 4.8%
自分の収入で十分 2.8%
現在交渉中、または交渉予定 0.9%
子供を引き取ったほうが、負担すると思っていた 0.6%
請求できることを知らななかった 0.1%
その他 7.1%
不詳 2.9%
総数 100.0%

実際にジェニーの周りのシングルマザーのほとんどは、養育費をもらわない理由として「相手と関わりたくない」というのが多いですね。

女って相手のことを結婚する時はあんなに好きだったのに、もう離婚する時点では人生史上一番嫌いな存在になってしまうんですよね。

もう関わりたくない、顔も見たくない、子供にも会わせたくない、だから養育費も要らない!そんな感じです。

じゃあ、養育費を受け取らなくても余裕のある生活ができているか?というとそうではなく、結構苦しいです。(苦笑

低い給料でなんとかやりくりしながら頑張っているといった母子家庭がほとんどですね。

そこが女の強さかな?とは思いますが、養育費は母親の意地や理由で決めるものではありませんよね。

子供の権利なのですから。

離婚によって犠牲になる子供をへらすためにも、強制力のある法整備を望みます!

養育費の支払い率は4年後には19%?逃げようと思えば逃げられる制度

そして、女性の方も相手と関わりたくないという理由だけで養育費を決めなかったのなら、子供が犠牲にならないような収入を得る努力を!

子供がいる女性がいい条件の仕事を見つけるまでは大変です。

ジェニーも何回面接で落とされたことか・・・・でも、いつか見つかりますよ!

女性専用の求人サイト「とらばーゆ」なら、子育てママOK、40代以上活躍中の会社など女性が働きやすい条件で検索できるのでおすすめです。

諦めずにがんばりましょう!











-養育費

Copyright© おんなの結婚・離婚・仕事site , 2019 All Rights Reserved.