女の人生は、結婚・離婚・仕事で決まる!女性が幸せに生きていくためのサイト

おんなの結婚・離婚・仕事site




離婚の基本知識

離婚の際の子供の親権とは(親権と監督権について)

更新日:

離婚の際の子供の親権とは(親権と監督権について)
よく離婚した芸能人情報にある「親権は、○○さんが・・」と使われる「親権」。

何となく分かってるようで、よく分かってない用語の1つでもあります。

今回は子供がいる人が離婚する際に決めなくてはいけない「親権」について
簡単に分かりやすく説明をします!!

親権は大きく分けて2つの権利がある

親権は大きく分けて2つの権利に分かれています。

「財産管理権」と「監護権」です。

一般的に思い浮かべる親権というのは、
子供の近くにいて子供の世話や教育をする権利だと思います。

これは、「監護権」にあたります。
親権について

監護権は親権の一部ですから、親権者と監護権者は同じ人のほうが、
子供にいいと一般的に考えられています。

しかし、親権者が子供の近くにいて面倒を見れない場合や、
監護権者として適当であると認められる場合には、
別々に権利を持つことができるのです。

たとえば、「経済的には父親が適任だが、子供が小さいので母親が世話をしたほうがいい」といった事情の場合です。

どうしても経済的には女性が不利ですから、
財産管理権は父親で、監護権を母親・・・・と
分けて権利をもってもいいということです。

離婚届けに記入すれば、親権は決められる

親権離婚届には「親権者」を記入する欄があり、親権者を記載しなければ
役所が離婚届を受け取ってくれません。

離婚届を出すときには必ず決める必要がある唯一ものが「親権」です。

もし、夫婦二人の話し合いでも親権者を決められない場合は、
離婚調停を家庭裁判所に申立て、調停で話し合うことになります。

離婚調停でも決まらない場合は →→審判→→訴訟 となりますが、
離婚調停で決まらない場合の流れについては、「離婚調停でも決まらない場合の流れ」を参照して下さい。

子供の利益を考えて、親権者は判断される

親権離婚調停の話し合いでも親権者が決まらない場合は、
裁判所の判断になります。

裁判所は何を見て親権者を決めるのか?

  1. 収入などの経済力
  2. 子供に対する愛情
  3. 親の健康状態や子供の面倒を見る能力
  4. 住居・学校などの生活環境変化による影響
  5. 子供の年齢や性別、発育状況、障害など
  6. 環境の変化に対する子供への影響
  7. 兄弟が別れることにならないように
  8. 祖父母など代わりに子供を見てくれる人の有無
  9. 子供本人の意思

子供が小さいほど母親が親権者として有利

一般的には、子供が小さいほど母親が親権者として有利と言われています。

しかし、これは一般的に子供の生活面の面倒を見る能力の問題ですから
日頃から父親のほうがよく面倒を見ている場合などは
母親だから有利とはいえないと思います。

子供が15歳以上なら、子供の意志が尊重される

親権15歳以上の子供の場合は、裁判所が子供の意志を聞く必要があります。
そのため、子供の親権者の決定には、子供本人の意志が尊重されます。

不貞行為(不倫等の男女問題)の離婚原因は、親権には関係ない

不貞行為(不倫等の男女問題)が離婚の原因の場合。

「不貞行為をしたほうが悪いから、親権者になれない」というわけではありません。

子供にとって純粋にどちらが親権者となる方が利益があるのかを元に判断されます。

裁判中に子供を連れ去ることは、親権者として不利

ふだん子供の面倒を見ている親のほうが、
子供にとって親権者であるほうがいい(環境変化が少ない)と
親権者としての判断材料と有利とはいえます。

しかし、親権者になりたいがために裁判中などに
子供を連れ去るような行為は親権者として不利になるので
気をつけて下さい。

親として子供の幸せを考えてほしい

親権子供にとってどちらの親といるのが幸せか。

「自分が子供といたい」という気持ちは置いておいて、
子供の幸せを一番に考えて決めて欲しい問題だと思います。

子供は親を選べないし、親の離婚も止められない。
圧倒的に不利な立場にあるのが子供なのですから。

ジェニーの場合は、相手は親権を求めてくることはありませんでした。

普段もほとんど子供の面倒を見ていないのですから、
「子供の面倒を自分が見る」など想像できないし、
無理なことは自分でも分かっているからだと思います。

働きながら、自分ひとりで子供の面倒を見るのは本当に大変なことです。

普段子供の面倒を見たことのない人が、
働きながら面倒をみるなんて・・・まず無理でしょうね。

相手に子供をみてもらい、自分は養育費をきちんと渡して、
良好な関係を保つ・・・という選択も悪いことではないと思います。







-離婚の基本知識
-,

Copyright© おんなの結婚・離婚・仕事site , 2019 All Rights Reserved.