女の人生は、結婚・離婚・仕事で決まる!女性が幸せに生きていくためのサイト

おんなの結婚・離婚・仕事site




離婚の基本知識

離婚後の苗字は旧姓・現姓?離婚届の書き方と気をつけること

更新日:

離婚後の苗字は旧姓・現姓?離婚届の書き方と気をつけること女性の場合結婚する時に男性の苗字を名乗る(男性の戸籍にはいる)ことが多いので、離婚時は「旧姓を名乗るか」「現在の苗字をそのまま使うか」を選択する必要があります。

最近では「子供のために苗字を変えたくない」という理由で、旧姓には戻らずに現在の苗字(現姓)をそのまま名乗る方も多いようです。

今回は「苗字(戸籍)」の選択によって違う離婚届の書き方と気をつけることをお話します。

旧姓を名乗るか・現姓を名乗るかを決めましょう

旧姓を名乗るか・現姓を名乗るかを決めましょう離婚しても「夫の姓(現姓)」でを名乗ることも可能です。

正確に言うと「夫の姓(現姓)」で夫とは違う新しい戸籍を作ることができます。

そうすれば、夫の戸籍からは外れますが、苗字はそのまま使えることができるようになります。

もちろん、旧姓に戻ることも可能ですので、離婚後の苗字をどうするのか決める必要があります。

苗字をどうするか決めたら次のフローチャートで、離婚届の書き方を確認して下さい。

旧姓・現姓で違う離婚届の書き方。誰でも分かるフローチャート

離婚後の姓

タイプC:現姓を名乗る場合は3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を出す

現在の姓をそのまま名乗りたい場合は、夫の戸籍からは外れ、自分で「現姓」での戸籍を作る必要があります。
(新しい戸籍を作るので、夫の了解は必要ありません。)

離婚届と一緒に(一緒がベスト!)に「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)」を提出しましょう。

離婚届と一緒に提出するのがベストですが、旧姓に戻ってしまった後でも3ヶ月以内なら届け出が可能です。

3ヶ月が経ってしまうと、家庭裁判所の許可「氏の変更許可」が必要になりますので注意して下さい。

離婚の際に称していた氏を称する届の書き方

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)

テンプレートはこちら

子供の戸籍も一緒に移しましょう!「子の氏の変更許可の申立」方法

親権離婚届を出して、旧戸籍に戻ったとしても、新しい戸籍を作ったとしても、子供の戸籍が変わるわけではありません。
きちんと届け出をしないと、夫の戸籍に入ったままになります。

もちろん、そのまま子どもたちは夫の戸籍に入ったままでもかまわないのですが、自分の戸籍に入れたい場合(自分の姓と一緒にしたい場合、新しい戸籍の現姓を名乗りたい場合)は子供の戸籍をあなたの戸籍に移す必要があります。

子どもが住んでいるところを管轄している家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」をしましょう。

「子の氏の変更許可申立」は即日審判が可能なので、すぐに許可が出ると思います。

許可が出れば家庭裁判所から「審判書謄本」をもらえますので、それをもって新しい本籍か現住所の市役所に「入籍届」を提出して下さい。
(入籍届出にあたっては審判書謄本のほか戸籍謄本(全部事項証明書)などの提出を求められることがあります)

子の氏の変更許可の申立書の書き方

子どもが15歳未満の場合の「子の氏の変更許可の申立書」の書き方

15歳未満の場合は法定代理人である(母)が代わりに届け出します。
子の氏の変更許可申立(15歳未満)

子どもが15歳以上の場合の「子の氏の変更許可の申立書」の書き方

子供が15歳以上なら、子供本人が自分の判断で申し立てすることが出来ます。

天海の場合は、旧姓に戻りませんでした

親権離婚当時、長女は小学3年生。
すでに別居などで転校させていたこともあって、転向後1年も立たずに「苗字」が変わることを嫌がりました。

私自身は旧姓に戻りたいというより「夫の姓を名乗っていたくはない」とは思いましたが、これ以上子供に負担をかけるのが嫌だったので、そのままの苗字(夫の姓)で新しい戸籍を作りました。

夫の戸籍ではなく、あたらいい戸籍を作るので厳密に言えば違う「苗字」なのですが、表面上は分かりません。
ちょっと嫌な気持ちがないわけではありませんが、離婚で子供に迷惑をかけたこともあって苗字では私が我慢しました。

まぁ、バツニですから、もう苗字自体に思い入れはあまりありません。

今はマイナンバーと同じぐらいの気持ちでいます。(笑







-離婚の基本知識
-, ,

Copyright© おんなの結婚・離婚・仕事site , 2019 All Rights Reserved.