女の人生は、結婚・離婚・仕事で決まる!女性が幸せに生きていくためのサイト

おんなの結婚・離婚・仕事site




離婚の基本知識

離婚の精神的ストレスについてと対処法

更新日:

離婚の精神的ストレスについてと対処法離婚というのは本当に精神的にしんどい作業です。

協議離婚、調停離婚であってもその疲労感たるや・・・。

ジェニーは2回も離婚を経験していますが、
どちらも同じぐらいしんどい思いをしました。

今回は離婚の精神的ストレスとその対処法について
ジェニーの経験を元に書きますので参考になればと思います。

考えて悩むほど眠れなくなります

眠れなくなる「これからどうしたらいいんだろう」「本当に離婚していいんだろうか」
離婚するときにはいろんな自問自答に苦しむ日々が続きます。

「離婚する」と答えを出したとしても、
「離婚してもやっていけるのか」と不安は常にあるので
やっぱり眠れない日々が暫く続くと思って下さい。

対処法:「眠れなくても寝て下さい!」

睡眠が十分取れていないと、前向きに考えることができなくなります。

疲労が疲労を呼んで、精神的に病んでしまいますよ。

病院へ行って睡眠導入剤などを処方してもらいましょう。

眠れなくても無理やり寝るぐらいでないと、離婚は体が持ちません。

ジェニーはそのことが1度目の離婚で分かっていたので、
2度目の離婚のときは睡眠導入剤を処方してもらって無理やり寝ました。

「睡眠薬」と聞くと悪いイメージがありますが、
離婚で眠れない日が一生続くわけではありません。

期間限定!生活と気持ちが落ち着くまでだと思って割り切って利用しましょう。

離婚で鬱などの精神病を患うよりもよっぽどましです。

離婚調停などこれから続く戦い(?)のほうがもっと過酷ですよ。
体力を蓄えておきましょう。

離婚は悪いことではありません!自分の気持ちを大切に。

悩み離婚の理由は人それぞれだと思いますが、
離婚するとなると親族や友達などの外野から
色んな意見を言われると思います。

「子供がかわいそうよ」
「あなたの我慢が足りないんじゃないの?」
「あの人だっていいところあるんだし」等。

そんなふうに言われると、迷ってしまうかもしれません。
「自分も悪かったのかも?」と思うかもしれませんが、
そんなこと気にする必要ないのです。

対処法:「なんにも知らんくせにほっとけ!」と心で叫びましょう。(笑

離婚するのは「あなた」です。

離婚するのは、意見を言ってくる人ではありません。
意見を言ってくる人は、その後の生活に責任をもってくれません。
ただ好き勝手に言ってるだけ。

気にしないでください。

あなたの人生なのですから、アタナが幸せになる方法(離婚)を
選んでいいんです。

ジェニーの2度目の離婚のときには共通の友達から
「夫婦なんだから我慢も必要だって」等、
DVにも関わらずいろいろと言われました。

DVの人は外面はいいですから、
きっとDVする彼が想像できないんでしょう。

外野にいる人には夫婦生活の実態なんて分からない。
たとえ友達であっても。

外野の意見に耳を傾けるのではなく、自分の意志を固めましょう。

誰から何を言われようと構うことはありません!
アタナの幸せの基準はあなたが決めるものです。

離婚後の生活が落ち着くまで、意見を言ってくるような人と距離を置くのも1つの方法です。

自分の思いや感情を出せる場を作りましょう

感情離婚には、悲しみ、怒り、憎しみ、絶望、不安、孤独といった
色々な感情が入り乱れます。

自分の中に溜め込んでばかりだと、本当にしんどいです。

対処法:誰でもいいので黙って聞いてくれる人を探そう!

気持ちを吐き出せれば、別に友達などでなくても構いません。
(友達や知り合い以外の方が話しやすい場合もあるしね。)

無料の相談電話を利用するのも手です。

よりそいホットライン 0120-279-338

DV相談ナビ 057-0-55210

有料でも良ければ、カウンセリングを受けるのもいいですね。

ジェニーの場合はDVだったこともあり、
児童相談所から電話がかかってきたので(警察から連絡が入り)
その電話に泣きながら気持ちをぶつけていた思い出があります。

あとは、チビの保育所の園長先生にも泣きながら相談にのってもらいましたね。
本当迷惑をおかけしました。(苦笑

でも、自分の気持ちを受け止めて聞いてくれる人がいるだけで
だいぶ楽になれました。

今では笑い話ですが、当時は本当にしんどかった。
色んな人や、制度に助けてもらって危機を乗り越えましょうよ。

憎しみをパワーに変えよう!

自由 決断相手に非がある離婚の場合、憎しみや悲しみのストレスは想像以上だと思います。

私も未だにその負の感情から抜け出せていない自分がいます。(笑
それぐらい強い感情です。

だから、その感情にいつまでもこだわっていると前に進めないです。

例えば、「私はこんなに苦しんだんだから慰謝料で取り返してやる」なんて思っていても、離婚調停で慰謝料を取るのはなかなか難しい。
慰謝料にこだわると審判や裁判までやるしかなくなって、いつまでも離婚できずに負の感情だけが貯まっていくと思います。

そうすると自分もしんどいし、ストレスは増えるばっかりです。

対処法:「いつか法律が変わったら殺してやるからな」と思っておく。(爆

人を殺して良い法律なんて出来ないんだけど、
しょうがないからそう思っときましょ!(笑

「いつか見返してやる」と思うことで今の生活を頑張ればいい。

ジェニーはこの感情にはそういう区切りをつけています。







-離婚の基本知識
-,

Copyright© おんなの結婚・離婚・仕事site , 2019 All Rights Reserved.