女の人生は、結婚・離婚・仕事で決まる!女性が幸せに生きていくためのサイト

おんなの結婚・離婚・仕事site




離婚調停について

離婚調停で調停委員さんを味方につける服装

投稿日:

離婚調停の服装「人は見た目です!」と言っておきます。

特に離婚調停で立会人となる調停委員さんは
ある程度の地位と年齢の方がなっているので、
第一印象を好印象にしておくことは大きな意味があります。

離婚調停の調停委員さんはどんな人?

離婚調停委員

離婚調停の調停委員とは・・・

調停委員は、裁判官一緒に調停委員会のメンバーとして
夫婦二人の話合いの中で、双方が納得してうまく離婚に合意できるよう
離婚問題の解決に導いてくれる人のことです。

離婚調停の場合、男女1名づつの合計2名の調停委員さんが担当してくれます。
(調停が終わるまで同じ調停員さんがずっと担当します。)

調停委員さんは高齢の社会的地位のある人です

裁判所のホームページより

調停員は、原則として40歳以上70歳未満の人で、弁護士・医師・大学教授・公認会計士・不動産鑑定士・建築士などの専門家のほか、地域社会に密着して幅広く活動してきた人など社会の各分野から選ばれています。

と書かれていることからも分かるように
調停委員さんは高齢の社会的地位のある人が担当してくれます。

40歳以上70歳未満と書かれていますが、殆どが第一線を退いた方なので高齢です。

実際にジェニーの離婚調停を担当していただいた調停員さんも
60代後半でキチンとした印象(どちらかと言うと堅い職業だったはず)の方でした。

個性はどうでもいい!常識人に見える服装を。

服装調停委員さんを味方につける服装はどのようなものがふさわしいでしょうか?

年長者の方が好印象を持つ服です。

ズバリ、「常識人に見える」服装です。

仕事の面接に行くような服装なら間違いないです。

紺色のスカート(パンツ)に白いブラウス、黒の低めのパンプスに黒いバッグ等
「地味だが清潔感のある服装」がいいでしょう。

グレーのスーツ等、いわゆるリクルート服でもいいですね。

 

絶対にやめておいたほうがいい服装

離婚調停の服装
ブランド品で身を包んでいる

→金遣いの荒い印象
そんな人が「夫は金遣いが荒くて苦労させられた。」と言っても信用できません。

清潔感のない服装

→だらしない印象
そんな人が「夫は何に対してもだらしなくて・・」と言っても信用できません。

セクシーな服装

→男性関係にだらしない印象
特に「男女間の問題」が離婚問題の場合は不利になるでしょう。

服装以外にも気をつけて!

下記は人が初対面の際に受ける印象をグラフ化したものです。

人は目から入る情報の55%でその人の印象を決めてしまいます。

服装以外にも姿勢や表情、視線などにも気をつけたいですね。

第一印象

また、調停員さんとの話し方も重要です。

調停委員さんを味方につける対応

姿勢を正して、話をするときは視線を合わすようにしましょう。
また、ハキハキとした受け答えを心がけましょう。

絶対にやめておきたいこと

  • スマホを気にしている
  • 猫背や聞き取れないような小声
  • 横柄な態度や、自信のない態度
  • タメ口

離婚調停に行く前の心構え

離婚調停調停委員さんはあなたがオシャレかどうかではなく、
あなた自身が信用をおける人かどうかを見ています。

子供の親権を主張するなら、
「子供を任せて安心かどうか」を見られると思って下さい。

離婚調停に茶髪でジーンズで来るような人が
子供の教育や世話をきちんとするようには見えないですよね。

調停委員さんはあくまで二人の話し合いを取り持つ公平な立場ですが、
人間ですからいい印象をもってもらうことで
味方につけることができることを覚えておきましょう。











-離婚調停について
-,

Copyright© おんなの結婚・離婚・仕事site , 2019 All Rights Reserved.